黒木眼科医院

http://kurokiiin.sakura.ne.jp/

ドクターからのメッセージ

使い捨てのソフトコンタクトレンズを使用期限をこえて装用したり、目やにがある状態で装用している方を時々みかけます。酸素が角膜に十分届かなくなり、角膜の裏側の内皮細胞が気がつかないうちに徐々に少なくなり、回復しません。将来、白内障、緑内障の手術を受ける場合、角膜が濁ることもあります。定期検査を受けましょう。

Docter's Profile

黒木悟
東京大学工学部卒業
昭和54年: 愛媛大学医学部卒業
 愛媛大学医学部眼科助手,眼科専門医、漢方専門医
昭和63年: 黒木眼科医院開業

眼科一般診療を行っています。中でも緑内障の早期診断と治療に力を入れています。また、漢方煎じ薬を、眼科疾患の中でも西洋医学が不得意とする正常眼圧緑内障、ドライアイ、眼精疲労などに応用し、成果をあげています。コンタクトレンズはソフト3種、ハード8種ほど有ります。

  • 院長

    黒木悟

  • 所在地

    〒721-0974
    広島県福山市東深津町2丁目11-26 

  • 電話

    084-926-5511

  • FAX

    084-926-5511

  • URL

    http://kurokiiin.sakura.ne.jp/

  • ACCESS

    山陽本線 東福山駅からタクシーで5分
    山陽本線 福山駅からタクシーで10分

診療時間 時間帯
午前 9:00〜11:30
午後 14:30〜18:00
備考

混雑する場合は早めに受付を終了させて頂くことがあります

混雑する時間帯

火曜日9:00-12:00

最初の位置に戻す