医療法人社団汎愛堂 武田眼科医院

ドクターからのメッセージ

コンタクトレンズは文字通り身体に直接つけるものです。シャツや靴等肌に触れるものは、使って汚れたら手入れが必要です。足だって朝晩で大きさが変化します。目の角膜もコンタクトレンズをつけると浮腫のため、朝晩で変化します。コンタクトレンズも見た目は変わらなくても使用期限があります。手入れ次第で期間は変わります。安全に使いましょう。

Docter's Profile

武田和夫
昭和36年: 慶應義塾大学医学部卒業
昭和42年: 山形鉄道病院眼科主任医長
昭和45年: 武田眼科医院 開業

 元 日本眼科学会常任理事
 元 山形県医師会常任理事
 前 山形県眼科医会会長
 日本眼科学会専門医
 日本コンタクトレンズ学会会員
 日本眼科手術学会会員
 日本眼内レンズ屈折手術学会会員

当院の汎愛堂という医療法人名は、明治初年藩医の禄を返し、町医となった先祖の診療所の名前です。常に庶民の立場、自分の家族だったらの気持ちで診療します。院長は2年前に眼内レンズ手術に定年宣言をしました。得意な守備範囲は眼鏡合わせとコンタクトレンズです。コンタクトレンズには35年の経験があります。

  • 院長

    武田和夫

  • 所在地

    〒990-0031
    山形県山形市十日町1-3-37

  • 電話

    023-623-3455

  • FAX

    023-625-0983

  • ACCESS

    JR奥羽本線/山形駅東口より徒歩8分
    山交バスターミナルより徒歩3分

診療時間 時間帯
午前 9:00〜12:30
午後 14:30〜16:45
備考

毎月第2土曜日は休診

最初の位置に戻す